So-net無料ブログ作成
リンク&ご支援、ご協力お願いします!
SA・TO・MI ~娘への想い~
http://blog.goo.ne.jp/npo-friends
【ご協力のお願い】広島女子高生刺殺事件:当ブログでの紹介記事

NET de ボランティア総合案内
レッドクリフ+日本赤十字社 活動資金への協力
SayLOVE 2008 ~飢餓・貧困のない世界作り

間寛平 地球1周「アースマラソン」
地球1周「アースマラソン」
EARTH MARATHONYouTubeBLOG

秋葉原無差別殺傷事件:加藤被告4罪で起訴 [時事・備忘録]

「ナイフは、土浦の事件を参考にした」
2008年3月23日、土浦市のJR荒川沖駅で1人を包丁で殺害し、7人を負傷させた金川真大被告(24)が起こした事件の事だ。

金川真大被告は「生きていることがつまらなくなって、死のうと思った」という。
しかし自殺は選ばなかった。
「自分で自分の身体に痛みを加えることになるでしょう。そんな勇気はなかったですね」
「この世から解放されたかっただけ。死んでファンタジーの世界に行き、悪を倒して人々を守りたい」
人を助けたい人間が無差別に人を傷つけ、死の恐怖を与えたという矛盾。
それがいかに理不尽な言い分か、全く自覚がないのだろう。

「(被害者なんて)関係ないですね」
「(加藤被告に影響を与えたのは)うれしいが、彼は自分がうまくいかないことをすべて他人の責任にした。八つ当たりで人を殺しただけではないか」
10月11日8時5分配信 産経新聞より抜粋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081011-00000010-san-soci

読んでいて胸糞悪い事、この上ない。
ある意味、何も考えていないんだろうなぁ…今だけ良ければそれで良い。
今が悪いのは自分以外の何かのせい。
土浦の無差別通り魔事件も、所詮は同じ穴の狢。説得力に欠ける。

人気ブログランキングへ
↑ポチッとクリック↓お願いします。
  

人と動物を比較するのはどうかとは思うけど、年に数回、瀕死の捨て猫レスキューしてる筆者としては、正直な話、SOS出したいんだったら、ストーレートに願いたいものだと思っている。

保護猫「バルタン」改め、我が家猫4男「虎太郎」

先ごろ保護した、ガリガリに痩せ細った子猫など、ここで見捨てられたら確実に死んでしまう…
そんな本能が働いたのだろう。おぼつかない足取りで後を追いかけて来て、必死に啼いてアピールしまくって、筆者の根負けとなった。
今では、一旦里子に出たものの、先住猫との相性が悪く、出戻り我が家猫に収まってしまった次第。

まぁ、対人関係はそうそう簡単ではないけど、アピールしない上に、
アピールしても「自分も(体調)良くない!」と、そんなモノです。
それでも言い続ける事は大事なはずです。
それを怠り、何かのせいにし、誰かのせいにする事は出来ないはずです。
筆者自身も季節の変わり目は、呼吸器系の持病の関係で体調の良い日など皆無ですけどね。
上手く体調と折り合いをつけてやっています♪ 第三者には中々理解は得られませんが。

身体的に問題がないのに、色々と挑戦しないのは罪です。
どんなに後ろ向きでも「自分にだけは負けない」頑固さを持って欲しい、今時の日本人。

秋葉原殺傷 社会のせいにするな…重傷の男性やっと復帰へ
10月11日2時31分配信 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20081011ddm041040114000c.html

東京・秋葉原の17人殺傷事件から約4カ月。休日の歩行者天国を襲った加藤智大被告(26)の凶行に、17人の被害者と遺族らは今も苦しみ続けている。

6月8日。東京都江東区のタクシー運転手、湯浅洋さん(54)は、加藤被告のトラックにはねられた人を救助しようとして刺された。意識を失い、目覚めたのは4日後。長男祥人(あきひと)さん(27)ら子供3人がのぞき込んでいた。「何だ勢ぞろいして」。ダガーナイフは横隔膜に達し輸血量は6リットル。「腸に達していたら死んでいた」と告げられた。

宮崎県内の高校を卒業後に上京。10年間、ホテルで料理を修行し、29歳で地元に戻りカレーショップを開いた。しかし1年で失敗。親族から借金し、長女のミルク代にあてた。運転手に転じて生計を立て、今も貯金を取り崩しながら暮らす。それでも悲壮感はない。「勝ち負けはどうでもいい。自分に負けなければいい」。そう信じている。

加藤被告は携帯電話の掲示板に世間への恨みの言葉を書き連ねた。「勝ち組は死んでしまえ」「ネットでも現実でも孤独だった」--。同情できない。みんな必死に生きている。「事件を社会のせいにするのは違う。(加藤被告は)てめえに負けたんだ」。来月には仕事に復帰できそうだという。【神澤龍二】

被害者でもある湯浅氏の言葉は…非常に重く、心に響きます。
全ては、湯浅さんの1言に凝縮されているのではないでしょうか?
「自分に負けなければいい」
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 3

ホタルの館

殺人犯の人権について見直さないといけないなと感じます。
人権尊重と言っても、賛否両論あるかもしれませんが、どこまで犯罪者の人権を尊重するか・・・中には犯罪者特に人殺しに人権なんていらないのでは?という考えを持つ人もいるでしょうね。

一度、時間がかかっても良いから、犯罪者の人権について話し合ってはどうかと感じます。
by ホタルの館 (2008-10-11 22:58) 

みかんママ

ホタルの館様

おはようございます♪ いつもnice!&コメントありがとうございます。

犯罪者の人権に関しては、あのロス疑惑の三浦和義(故人)氏の、当時の報道に対する人権侵害を訴える薀蓄裁判で尊重し始めました。
これが良かったのか悪かったのか…と、言われれば社会的には悪影響を、マスコミは学習能力がない為に、同じことを繰り返し「冤罪」を生み出す状況は改善されていません。

仰るとおり、国でも取り上げるべき問題であるかと思いますが、現状、そんな状況ではないようですよね(^_^;
私はどんな凶悪犯でも、最低限の人権は尊重すべきであると思います。
そうでなければ、日本人の気質上、犯人を取り巻く方々にまで被害が及びかねないと思うからです。
by みかんママ (2008-10-12 07:09) 

みかんママ

しもむ様

こんにちわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2008-10-12 16:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0



 ポイント ちょびリッチ ポイントサイト「ポイントインカム」 
ブログクルーザー
メッセージを送る