So-net無料ブログ作成
リンク&ご支援、ご協力お願いします!
SA・TO・MI ~娘への想い~
http://blog.goo.ne.jp/npo-friends
【ご協力のお願い】広島女子高生刺殺事件:当ブログでの紹介記事

NET de ボランティア総合案内
レッドクリフ+日本赤十字社 活動資金への協力
SayLOVE 2008 ~飢餓・貧困のない世界作り

間寛平 地球1周「アースマラソン」
地球1周「アースマラソン」
EARTH MARATHONYouTubeBLOG

64年ぶりの空襲警報を振り返る [└防衛省・自衛隊]


前日の誤報が、良い方向へと作用したようですね。
そう言う事って、普通に生活していても経験がある方、多いのではないでしょうか?
確かに失敗は許されない事ではありますが、この誤報を失敗とする必要があるのでしょうか?
筆者としては、飛翔体が飛来しているのに、探知連絡がない方が怖いですけどね。

最も生まれてこの方、1度も失敗した事がない!と
胸を張って言える方がいらっしゃるならばお目に掛かりたい物です。
言うだけ、非難するだけだったら誰にでも出来ますから。
「完璧」だけを追求する日本人気質…
いずれ自らの首を絞めないように充分な配慮も必要な気がします。

今回の件に関しては「有事体制をつくろうとしている」と批判されている
平和運動をされている方々も多く見受けられました。
またPAC3配備の際には、撤去を求めるデモや運動があったり…。
平和を維持するためには、自分以外の者が犠牲になろうとも構わないのだろう、
そう思わざるを得ない報もいくつかありました。
そしてマスコミもいつの間にか、「何が何でも打ち落とす」と、言う論調に
摩り替わっていったような…?
恐怖を煽り、自衛隊の行動をパフォーマンスにしたのは、マスコミではなかろうか?

戦争反対!9条万歳!を提唱するのであれば、永世中立を決め込む事も良いだろう。
(実際敗戦時に統治していたGHQ(マッカーサー)はそう提唱していたらしい)
そうすれば日米安保も必要なくなり、海外の雑音にも耳を貸す必要がなくなる。
しかし安全保障の面で如何なものかとの懸念も出てくる。
常に「完璧」しか求めない国民である。永世中立などこの上もなく困難だろう。
何故なら1815年から、2世紀近く国家として永世中立国を貫いて来ているスイスでさえ、
武力によって永世中立を維持してきた重武装の国家なのだから…
自分の身さえ守ることを放棄し、何か事故があれば製造会社が悪いだ、
国の規制が甘いだの言ってのける事が当たり前の状態では、困難極まりない。

重武装の上、男性国民のほぼ全員が兵役を経験し、徴兵制度まであるスイスは、
軍事国家とは言われていない…おかしな話だ。
それこそ日本が見習うべき所ではないのだろうか?
最も危機管理だと声高に叫んでいるクセに、民間防衛に反対し続けている、
危機管理の「き」の字も知らない国の国民には、到底難しい課題であろう。
(言葉にすればアレルギーを起こし、反対・批判一辺倒だが、
実際に民間防衛を実践している事にすら気がついていない様だし…)
■民間防衛とは?

最後に…
実戦を想定しての訓練であったと考えれば、まずまずなのではないでしょうか?
実際は訓練でなかったと、言う事が未だかつてない極度の緊張状態を作り出したのですから…
それを考えれば、一般国民よりも臨戦態勢を経験した自衛官の皆さんの方が、
何十倍も大変な思いをされたのではないかと思います。
色々と検討事項もある事とは思いますが、雑音に惑わされる事なく
今後とも「専守防衛」を維持し、頑張って下さい♪ お願いしますm(_ _)m

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 新書

スイスと日本 国を守るということ -「永世中立」を支える「民間防衛」の知恵に学ぶ

スイスと日本 国を守るということ -「永世中立」を支える「民間防衛」の知恵に学ぶ

  • 作者: 松村 劭
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本

人気ブログランキングへ ブログセンター
↑ポチッとクリック↓お願いします。
  

【北ミサイル発射】自衛隊レーダー大半が探知
4月6日7時57分配信 産経新聞
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000077-san-pol

海上自衛隊のイージス艦のレーダーと航空自衛隊の地上レーダーの大半が、北朝鮮の発射した「テポドン2号」改良型とみられる長距離弾道ミサイルの探知に成功していたことが5日、分かった。領土・領海への落下に備え、迎撃も見据えてミサイル防衛(MD)システムを初めてフル稼働した実任務で、運用のカギを握る探知・追尾能力の高さを実証した。(半沢尚久)

《11時30分頃 発射方向東 発射数1発》

発射からわずか1分後の午前11時31分、防衛省は「飛翔体情報」の第1報を公表。これは米軍の早期警戒衛星が探知した情報だ。

米コロラド州の北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)→ハワイの米太平洋軍司令部→在日米軍司令部→防衛省の中央指揮所と首相官邸-。早期警戒情報はこのルートをわずか数十秒で駆けめぐり、大まかな着弾予測地点も割り出して日本側にもたらされた。

これを受け、自衛隊のイージス艦と地上レーダーが一斉に探知作業に入った。数分後、日本海に展開していたイージス艦の「SPY1レーダー」と千葉県旭市にある新型地上レーダー「FPS-5」がミサイルを捕らえた。

「探知」。「4日に発射誤情報問題が起きたのが信じられないほど、指揮にあたる隊員の情報伝達は淡々と進められた」(自衛隊幹部)。その後、秋田から佐賀までの4カ所にある地上レーダー「FPS-3改」も次々とミサイルを捉えた。

《落下物1 落下予測地域 秋田の西約280キロの日本海  落下物2 日本の東の太平洋》

発射から7分後。ロケットエンジンの燃焼が終わり、速度と弾道が安定した段階で防衛省として着弾予測地点を公表した。日本に落下する恐れがあると注視していた1段目は予測地点に落下した可能性が高い。

焦点になっている2段目の落下地点も、太平洋に展開していたイージス艦「きりしま」やFPS-5の追尾情報で特定できるとの情報があり、航跡を精査するとみられる。

今回の任務は、自衛隊にとってMDの装備が数は限定的ながら、ひととおり配備された後、初めての実運用だった。北朝鮮が平成18年7月にテポドン2号を含む弾道ミサイル7発を発射した際は、迎撃手段であるイージス艦搭載の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)と地対空誘導弾パトリオット(PAC3)は配備されていなかった。

18年の発射ではテポドン2号は空中分解して探知可能高度まで上昇せず、FPS-5も出番はなかったが、事実上の初運用では北朝鮮全域の上空をカバーする高い探知能力を発揮。「北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威から米本土を守る上で、米軍の信頼が高まる」(同)とみられる。

MDの装備導入は23年度まで続き、SM3搭載型のイージス艦は2隻増、PAC3も倍近くに増え、抑止力は向上する。

北朝鮮「ミサイル」発射 県民も批判と不安
4月6日9時40分配信 琉球新報
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090406-00000000-ryu-oki

北朝鮮の長距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体発射に対し、県内の平和団体は「恐怖をあおり、有事体制をつくろうとしている」と政府や自衛隊の対応を批判し、一方で県民からは「(自衛隊には)もっとしっかり守ってほしい」「予算獲得のためのパフォーマンスではないか」などさまざまな意見が聞かれた。

沖縄平和運動センターの山城博治事務局長は「国民の不安と恐怖をあおるだけあおって、国家総動員体制をつくり上げようとしている」と政府の対応を厳しく批判した。その上で「韓国や米国など他国と比べて、国内にミサイル防衛網を張り巡らすなど日本だけ突出した反応をしている。冷静に事実関係を確認し、対応すべきだ」と強調する。

無防備地域宣言・沖縄ネットワークの西岡信之事務局長は「報道のされ方は異常で、国民が不安になるのは普通だ。『撃ち落としてほしい』という声もあったが、パトリオットミサイルが外れたらどうなるのかという指摘が一切なかったのも気になる」と冷静な見方を示した。

那覇市のパレットくもじ前広場で発射を伝える号外を手にした兼次美智子さん(34)=那覇市、フリーター=は「昨日からどうなるかと心配していた。もし陸地に落ちていたらと思うと怖い」と不安を募らせた。

金城早紀さん(18)=同市、県立看護大1年=は「自衛隊は普段からこういう有事のために訓練しているのだから、もっとしっかり守ってほしい」と注文を付けた。

元自衛隊事務官の日高秀雄さん(55)=同市=は「マスコミが過剰反応し過ぎ。自衛隊が最新兵器を国民にアピールし、予算を獲得するためのパフォーマンスじゃないか」と首をかしげた。

ウィルコムストア Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(5) 
共通テーマ:ニュース

nice! 8

コメント 9

yukikaze

日本の自衛隊の予算獲得のために、北朝鮮が国民生活を犠牲にしてまでミサイルを発射したということになるような主張が多く、呆れます。

しかも、一部メディアはそういうわけのわからない論理を振りかざす人々を「・・・と冷静な見方」「・・・と冷静な反応」という表現をしていますが、ヒステリックにわけのわからない論理を主張することが「冷静」とは、あきれ返るばかりです。

みかんママ様の鋭いツッコミにはいつも感心させられます。これからも鋭い記事をお待ちしています。
by yukikaze (2009-04-06 13:17) 

みかんママ

yukikaze様

こんにちわ♪ いつもnice!&コメントありがとうございます。
新聞、ネット、TVと、実に不可解な報じられ方をされていますが、
不思議と誰も突っ込みを入れていませんよね…謎です。

永世中立に関しては、実は小学校の時分から思っていました。
憲法九条があり、国防を目的とした自衛隊があるのに、何故中立を決め込まないのか? と…
そういう意味では、このテの話しに関しては、40年近く凝り性で、文献を読み進めて来ています。
何も身にはなっていませんが、ブログネタにはなっているようです(^_^;
by みかんママ (2009-04-06 13:48) 

みかんママ

toshi様

こんにちわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-06 13:52) 

みかんママ

takemovies様

こんにちわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-06 14:47) 

みかんママ

erect様

こんにちわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-06 15:36) 

みかんママ

しもむ様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-06 20:26) 

みかんママ

あんれに様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-06 21:42) 

みかんママ

toyo様

おはようございます♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-07 08:56) 

みかんママ

神楽様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-08 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 5



 ポイント ちょびリッチ ポイントサイト「ポイントインカム」 
ブログクルーザー
メッセージを送る