So-net無料ブログ作成
リンク&ご支援、ご協力お願いします!
SA・TO・MI ~娘への想い~
http://blog.goo.ne.jp/npo-friends
【ご協力のお願い】広島女子高生刺殺事件:当ブログでの紹介記事

NET de ボランティア総合案内
レッドクリフ+日本赤十字社 活動資金への協力
SayLOVE 2008 ~飢餓・貧困のない世界作り

間寛平 地球1周「アースマラソン」
地球1周「アースマラソン」
EARTH MARATHONYouTubeBLOG

【和歌山毒物カレー事件】林眞須美被告死刑確定 [|└ショッキングな事件]


当時、この事件の事は、夕食の後のニュース番組で、
集団食中毒として第一報を知りました。
その後の検定結果から、食中毒ではなく砒素混入による
毒物カレー事件へと変貌を遂げる事になったのですが…

当時の近隣のインタビューでも、林被告は度々TV画面に登場していました。
積極的に喋っている印象を受け、時には報道陣へ
水を浴びせかける愚行まで披露してくれたりしていました。
(その心境は分からないでもないですけど…薄ら笑いを浮かべながらやっている姿に、
背筋には冷たいものが走った覚えがあります)

当時の印象は「自己顕示欲の塊」だと言う印象しかありませんでした。
情報操作の賜物か? 彼女には全く良い印象が持てなかったのは事実です。

和歌山・毒入りカレー殺人事件とは?

本日2009年4月21日、最高裁判所が上告を棄却したため、
林眞須美容疑者の死刑が確定することとなった。
今回、刑事裁判の在り方の点からも特異な事件となったこの事件。
状況証拠だけで死刑判決が出された裁判としても、
また未必の故意による殺人としても極めて異例な事件である。

「4人も亡くなった事件やから、だれかを逮捕せなあかんというのは分かります。でも私は、やっていないんやから。『推認される』なんていう言葉で死刑にされてはたまらない」

今月6日、大阪拘置所(大阪市都島区)で、ピンクのジャージー姿の真須美被告は、透明のアクリル板越しに以前と変わらず事件への関与を否定していた。

■参考リンク
 ▼林眞須美さんを支援する会
 ▼和歌山毒物カレー事件(報道陣側から見た事件)

人気ブログランキングへ ブログセンター
↑ポチッとクリック↓お願いします。
  

林被告の死刑確定へ=発生から11年、上告棄却-和歌山毒物カレー事件・最高裁
4月21日15時12分配信 時事通信
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000077-jij-soci

1998年に和歌山市で発生し、4人が死亡、63人がヒ素中毒を起こした毒物カレー事件で殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑判決を受けた林真須美被告(47)の上告審判決で、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は21日、「鑑定や状況証拠などから、被告が犯人であることは証明された」として、被告側上告を棄却した。

地域の夏祭り会場で住民が無差別に殺傷された事件は、発生から11年近くを経て、動機が未解明のまま死刑が確定する。

判決で同小法廷は(1)カレー鍋のものと特徴が同じヒ素が被告宅などから発見された(2)被告の頭髪からヒ素が検出され、取り扱っていたことが推測できる(3)混入の機会があったのは被告だけで、鍋のふたを開ける姿が目撃された-と指摘。林被告の犯人性について「状況証拠を総合することで、合理的な疑いがない程度に証明されている」と判断した。

一、二審で動機が未解明だった点については「被告が犯人であるとの認定を左右しない」とした。その上で、「楽しいはずの夏祭りで突然前途を断たれた被害者の無念は、察するに余りある」と言及。「(カレー事件への)関与を全面的に否認し、反省の態度を全く示していない。卑劣、残忍で、刑事責任は極めて重大」として、死刑判断を是認した。

「冤罪晴らす」=弁護団通じ、判決後コメント-林真須美被告
4月21日16時16分配信 時事通信
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000083-jij-soci

林真須美被告は21日、最高裁判決後に弁護団を通じ、「わたしは事件に全く関係していない。真犯人は別にいる。冤罪(えんざい)を晴らすためこれからも渾身(こんしん)の努力をしていく」と書面でコメントした。

女性の確定、11人目=連合赤軍の永田死刑囚ら-執行は3人・毒物カレー上告審
4月21日15時20分配信 時事通信
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000078-jij-soci

最高裁などによると、戦後これまでに上告審で死刑が言い渡された女性は9人。このほかに1人が控訴取り下げにより確定しており、林真須美被告(47)の死刑が確定すれば11人目となる。

連合赤軍事件の永田洋子死刑囚(64)は1993年に最高裁で上告が棄却され、確定した。最近では、6人を殺害・死亡させた江藤幸子死刑囚(61)の上告棄却判決が、2008年に出された。

刑が執行されたのは、夕張保険金殺人事件の日高信子元死刑囚(97年執行)ら3人。病死した2人を除き、永田死刑囚ら5人が現在も拘置中。

弁護人によると、林被告は確定後に再審請求する意向という。死刑執行は確定順が原則とされ、近年では、1回目の再審請求中に執行された例は把握されていない。請求すれば当面、同被告の刑が執行される可能性は低いとみられる。

ウィルコムストア Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
みかんママ

kohtyan様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-22 00:14) 

みかんママ

あんれに様

おはようございます♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-04-22 08:02) 

トラックバック 8



 ポイント ちょびリッチ ポイントサイト「ポイントインカム」 
ブログクルーザー
メッセージを送る