So-net無料ブログ作成
リンク&ご支援、ご協力お願いします!
SA・TO・MI ~娘への想い~
http://blog.goo.ne.jp/npo-friends
【ご協力のお願い】広島女子高生刺殺事件:当ブログでの紹介記事

NET de ボランティア総合案内
レッドクリフ+日本赤十字社 活動資金への協力
SayLOVE 2008 ~飢餓・貧困のない世界作り

間寛平 地球1周「アースマラソン」
地球1周「アースマラソン」
EARTH MARATHONYouTubeBLOG

【追悼】秋葉原無差別殺傷事件 [|└ショッキングな事件]


********************

■秋葉原無差別殺傷事件関連記事
【備忘録】犯行予告あり
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-09
【備忘録】秋葉原事件
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-11
【海外報道】秋葉原無差別殺傷事件
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-11-1
【備忘録】そして論議へと発展した
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-12
【備忘録】6月8日の手記
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-16
【備忘録】声なき110番
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-19
【備忘録】<秋葉原殺傷>救護活動の72人に感謝状
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-20
【備忘録】模倣犯…続出
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-23-2
【備忘録】秋葉原無差別殺傷事件からの生還
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-06-30
憶えていますか? 秋葉原無差別殺傷事件
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-10-01-1
秋葉原無差別殺傷事件:加藤被告4罪で起訴
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-10-11
2008年を振り返って…その1
http://jiji-bibouroku.blog.so-net.ne.jp/2008-12-29-4

あれから1年経ちました。
隣町に被害者の1人の方のお宅があり、友人が数軒先に居を構えている事もあり、
余りにも他人事ではない事件でした。

そして拙ブログを始めたきっかけでもある事件です。

あれだけ大きな事件であったにも関わらず、
朝6時現在で取り上げているのが時事通信だけと言う、
マスコミのその場限りの数字稼ぎの実態が、余りにもあからさま過ぎて、
逆にあの事件はなんだったのか? と、疑問になってしまう状態です。
既に風化してしまっているのです。

しかし被害に遭われた方、ご家族を失われた方々には現在進行形の事件です。
あの時から時は止まり、再び動き出す事がかなうのか否かは、
これからに委ねられている状態なのでしょう。

秋葉原事件の数ヶ月前に起きた荒川沖の事件の公判が、つい先日始まった。
この事件の第1回公判前整理手続きは、6月22日に行われる事が決定している。

未だにこれらの事件の被告のような予備軍は、多く存在していると思われる。
しかしその多くは、何かしらの接点を求め、現実に踏み止まろうと
懸命に生きているのである。
犯行を起こした彼らが特別だとは思わない。
しかし自制心を犠牲にして得た先の未来は、決して達成感などない。
全ては自身への甘さが招いた事ではなかろうか?
世の中を舐めきった愚かさが招いた事では?
そして究極の「自分だけは…」が影響しているのではないのだろうか?
と、今振り返って感じるのである。

真意は、未だヤブの中。公判で明らかにされる事を願うばかりである。

お亡くなりになられた方々のご冥福を、お祈り致します。

人気ブログランキングへ ブログセンター
↑ポチッとクリック↓お願いします。
  

「なぜ息子は死んだのか」=救いたかったと遺族、今も-秋葉原無差別殺傷から1年
6月6日5時45分配信 時事通信
Yahoo!news:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090606-00000019-jij-soci

「助けられず、申し訳ない」。17人が死傷した東京・秋葉原の無差別殺傷事件は8日で発生から1年を迎える。大学生の息子を亡くした父親(54)は毎日、遺影の前で手を合わせ、語り掛けてきた。「なぜ関係ない人間を…」。裁判では真実を知りたいと思っている。

父親は事件が起きた昨年6月8日早朝、「行ってくる」と言って千葉県流山市の自宅を出る息子を見送った。最後の言葉だった。息子は約7時間後、現場の交差点で加藤智大被告(26)=殺人罪などで起訴=が運転するトラックにはねられ、死亡した。

数カ月間、何もできない状態が続いた。毎日朝と夜、遺影に声を掛けた。息子が小学校3年生ぐらいまでの間に、公園やプールで一緒に遊んだ記憶などがよみがえった。「何とか救いたかった」と思い続けてきた。

今月22日、東京地裁で加藤被告の第1回公判前整理手続きが開かれる。関係者によると、同被告は弁護士以外との面会を拒否し、手紙なども受け取らないという。

父親は、検察から裁判で意見を述べる機会もあると説明された。「遺族がどれだけ苦しい目に遭っているか。自分を傷つければ、痛みが分かったはず。なぜ関係ない人間を殺したのか」。同被告の前で訴えたい。傍聴にも可能な限り行くという。

東京都江東区のタクシー運転手湯浅洋さん(55)は仕事中に事件を目撃し、被害者を救助しようとした際に後ろから刺され、重傷を負った。数日間、意識不明の状態となり、今も背中が痛む。

湯浅さんは毎月、現場を訪れ、花を手向けている。その中で、「風化はある程度ある」と感じた。「仕方ない部分もある。だが、事件が完全に忘れ去られると、同じ事件が起きるのでは」と危惧(きぐ)する。

ウィルコムストア Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 12

コメント 14

コメントの受付は締め切りました
やまがたん

凄惨な事件でしたよね
風化させてはならぬ事件です
明日の運動会の準備で忙しいため
訪問&ポチポチっとオウエン☆のみですみません
by やまがたん (2009-06-06 10:31) 

みかんママ

駅員3様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:22) 

みかんママ

takemovies様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:23) 

みかんママ

やまがたん様

こんばんわ♪ いつもnice!&コメントありがとうございます。
お忙しいのに、ご訪問ありがとうございます♪
運動会、頑張って下さいね♪
by みかんママ (2009-06-06 20:26) 

みかんママ

toshi様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:26) 

みかんママ

かい様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:26) 

みかんママ

110様

こんばんわ、初めまして♪ ご訪問&nice!ありがとうございます。
これからもヨロシクお願いしますm(_ _)m
by みかんママ (2009-06-06 20:28) 

みかんママ

yukikaze様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:28) 

みかんママ

ホタルの館様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:31) 

みかんママ

flutist様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 20:32) 

みかんママ

erect様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 23:34) 

みかんママ

あんれに様

こんばんわ♪ いつもnice!ありがとうございます。
by みかんママ (2009-06-06 23:43) 

しもむ

結局は、『自分は英雄である』願望だったのではないか、と思いますね。

昔、日本は『とっても安全で良い国』でしたが、その時代に流行したアニメの歌などには、『TRY』とか『自由を奪え』とか『作られた道を抜けだせ』とか、つまりは『自分だけは自由に生きる』というメッセージの歌が多かったです。

自分だけは英雄。自分だけは自由。

しかし、うまくいかない現実…そして、孤独感に周りに味方がいないと錯覚する現実…自分が変えるしかないと思う妄想…。

こんな感じかと思います。
by しもむ (2009-06-07 06:50) 

みかんママ

しもむ様

おはようございます♪ いつもnice!&コメントありがとうございます。
この事件だけではなく、この犯人の世代の前後から生活の中に
リアリティが欠如しているような印象を受けます。

リアルでは痛みを伴う事が多く、その代表として、カッターナイフなどで鉛筆を削らない。
学校の図画工作や美術の授業で、版画製作をするために、
彫刻刀が使用されない等の事が上げられると思います。
私などは、良くカッターで自分の指まで削ったり、
彫刻刀で指に指したりして流血させまくってましたっけ、
小学生時代(^_^;

今はないですから、そんな授業…自分が傷ついて、人の痛みを知る。
一番大事な事が、父兄からのクレームでなくなり、
そして子供たちは、他人を傷つける。
そんな連鎖が起きているような気がしないでもないのです。
by みかんママ (2009-06-07 09:02) 

トラックバック 0



 ポイント ちょびリッチ ポイントサイト「ポイントインカム」 
ブログクルーザー
メッセージを送る