So-net無料ブログ作成
リンク&ご支援、ご協力お願いします!
SA・TO・MI ~娘への想い~
http://blog.goo.ne.jp/npo-friends
【ご協力のお願い】広島女子高生刺殺事件:当ブログでの紹介記事

NET de ボランティア総合案内
レッドクリフ+日本赤十字社 活動資金への協力
SayLOVE 2008 ~飢餓・貧困のない世界作り

間寛平 地球1周「アースマラソン」
地球1周「アースマラソン」
EARTH MARATHONYouTubeBLOG

ありがとう、自衛隊 [└防衛省・自衛隊]

arigatou.jpg arigatou4.jpg

捜索現場撤退の自衛隊員に感謝=態勢縮小心配の声も-岩手・宮城内陸地震
2008/06/24-15:38
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2008062400390

岩手・宮城内陸地震で、宮城県栗原市の旅館「駒の湯温泉」で行方不明者の捜索に当たった自衛隊員らが24日朝、現場から撤退した。10日間に及んだ活動に感謝の声が上がる一方、態勢縮小を心配する言葉も聞かれた。
この日撤収したのは、陸上自衛隊第6師団第6特科連隊などの隊員ら約340人。捜索部隊の大半は既に撤収したが、同連隊の隊員らは旅館建物の撤去と排水路設置で現場に残っていた。
福島県の郡山駐屯地に戻る同連隊の車両は午前8時半ごろ、栗原市役所前を通過。沿道で同市職員ら約300人が「ありがとう」「ご苦労さまでした」と声を掛けると、隊員らは敬礼で応えた。

こう言う事ってね…自衛官は弱いです。

arigatou3.jpg arigatou2.jpg


親戚縁者、友人知人にも割と自衛官がいるし、わが町には自衛隊の駐屯地もある訳で、
何故かそんな逸話(?)は耳にタコが出来るほど聞いてます。

その昔、航空自衛隊の救難隊に、戦闘機乗りから外されてヘリのパイロットになり、救難ヘリの機長になった人がいて、(今も現役だけど…[あせあせ(飛び散る汗)]
それこそ日々不満タラタラで「いつでも辞めてやる!」な勢いで日々の課業をやってたらしい。
所がある台風の日に、海難事故があって救難要請が下りたそうです。
彼にしてみれば、そのミッションは難なく完了したそうだ。
でも、救助されたその要救助者の方に手を合わせられて、涙を流しながら「ありがとうございました」と、言われたとか…
初めて直接謝意を受けたらしいが、「いえ、それが仕事ですから…」そう言った彼もまた、泣いてしまったとのこと。

その日から彼は変ったらしい…(本人談)
喜びの笑顔と、安堵の涙…ただそれだけの為に、自分は仕事している。
(自衛隊に入って)救難のパイロットになれて幸せだ…と。

参考までに自衛官の災害派遣手当は、1人1日あたり1370円以内
(最高額:勤続年数と階級により支給される)
これが高いと感じるか安いと感じるかは…皆さんのご判断次第です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0



 ポイント ちょびリッチ ポイントサイト「ポイントインカム」